D.総合演習コース議論要約

薬物治療塾A,B,Cの各コース受講生が更に応用力を養うため、参加者が挙げた関心のある医薬品について、

 1)公表されている資料から臨床薬物動態の特徴の把握を行い、さらに病態変化時の薬物動態の変化の把握と有害事象の予測を行う

 2)公表されている臨床試験の論文に対し批判的吟味を試みる

 3)PMDAが公表している審査結果報告書、企業が出しているインタビューフォームを題材に医薬品の有効性・安全性が承認時にどのようなデータに基づき、どのような議論の元に承認されているかの把握を行う

 4)企業が出している医薬品情報パンフレットを題材に、PMDAの見解や臨床研究の結果を正確に客観的に表現した内容になっているかの吟味を行う

 5)医薬品の総合的な評価と自施設での採用検討

の5点を、2回にわたって行っています。
勉強会で行われた議論の内容をまとめ、ホームページに掲載することに致しました。但し、掲載する内容は勉強会の内容の要旨であり、薬物治療塾としての見解を示すものではありません。

対象医薬品と議論の要約

2012前-第1回:リバスタッチパッチ(リバスチグミン)
2012前-第2回:イグザレルト(リバーロキサバン)
2012前-第3回:アジルバ(アジルサルタン)
2012前-第4回:ハラヴェン(エリブリンメシル酸塩)
2012前-第5回:ランマーク(デノスマブ)
2012後-第1回:プロイメンド(ホスアプレピタントメトグルミン)
2012後-第2回:キュビシン(ダプトマイシン)
2012後-第3回:シムジア(セルトリズマブ)
2012後-第4回:トラゼンタ(リナグリプチン)
2012後-第5回:アバスチン(ベバシズマブ)
2013前-第1回:エリキュース(アピキサバン)
2013前-第2〜3回:ノウリアスト(イストラデフィリン)
2013前-第4〜5回:スチバーガ(レゴラフェニブ)
2013後-第1回:パージェタ(ペルツズマブ)
2013後-第2〜3回:ゼプリオン(パリペリドン)
2013後-第4〜5回:リキスミア(リキシセナチド)
2014前-第1回:トレプロスト(トレプロスチニル)
2014前-第2〜3回:エフィエント(プラスグレル)
2014前-第4〜5回:デベルザ/アプルウェイ(トホグリフロジン水和物)
2014後-第1回:ベルソムラ(スボレキサント)
2014後-第2〜3回:ダクルインザ(ダクラタスビル)
2014後-第4〜5回:ジェブタナ(カバジタキセル)
2015前-第1回:ジーラスタ(ペグフィルグラスチム)
2015前-第2〜3回:ディルディバ(デラマニド)
2015前-第4〜5回:エクリラ ジェヌエア(アクリジニウム臭化物)
2015後-第1回:ファリーダック(パノビノスタット)
2015後-第2〜3回:イフェクサー(ベンラファキシン)
2015後-第4〜5回:レパーサ(エボロクマブ)
2016前-第1回:シクレスト(アセナピン)
2016前-第2〜3回:ビムパット(ラコサミド)
2016前-第4〜5回:ルミセフ(ブロダルマブ)
2016後-第1回:オプジーボ(ニボルマブ)


Copyright (C) 『薬物治療塾』